HOME  一水会とは 活動報告 フォーラム 入会案内 レコンキスタ 書籍 LINK

 一水会では、毎月1回(原則)講師を招いて、公開でフォーラムを開催しております。
内容も多岐にわたっており、毎回、客観的また主観的な観点からテーマを掘り下げて有意義な講演が行われています。
 また、質疑応答も受け付けていますので、自由に討論できる場にもなっています。
 是非、興味のある方、初めての方も、お気軽にご来場下さい。

― 「一水会フォーラム」は、かつての「老壮会」のような勉強会を目指しています ―

 「老壮会」とは、大正期の我が国で世を憂うる左右の思想家・論客・行動者が集い、時局を論じた勉強会です。この会の名は、老いも若きもが集うことを意味していましたが、実際はそれ以上に多彩な人士が集い、激動していく世の中の動きを正確に把握し、国として如何に経綸を示すべきかの思考を高める論議がなされました。同会には北一輝、大川周明、権藤成卿、満川亀太郎など昭和維新運動を担った人々と、堺利彦、高畠素之、大杉栄などの左翼系の人士が参加し、活発に内外の趨勢を論じて意見の交換がなされました。
 現代社会は、情報が溢れるとはいえ、それに流され惑わされることのないよう、的確な情報を得ていくべきであります。「一水会フォーラム」は、国会議員、学者、ジャーナリスト、活動家など、各界より広く講師を招き、世の諸問題の背景と動きを察知するため、思索、試行を通して、共に蒙を啓いていくことを目的として催されています(過去のフォーラム、講師はこちら)。これまで同フォーラムは「月例会」「民族派青年学生勉強会」「一水会現代講座」などの名称の変遷がありましたが、現在では「一水会フォーラム」の名称が定着し、月例で勉強会を実施しています。我々の思いは先行するものの、現状のフォーラムの力量は「老壮会」には及びもつきませんが、一所懸命の精神で主催者、参加者双方の”学び”に対する熱意を維持し、現実政治を変革せんと、思い、学び、行うことを基本に、一水会の勉強会は通算五百回を超え、開催され続けています。皆様の振るってのご参加をお待ちしています。




第192回 一水会フォーラム

 

日時: 平成30年6月5日(火)18:00受付開始

講師: 樋田毅 先生
    (ジャーナリスト、元朝日新聞記者)

演題:「30年追い駆けた迫真の取材から、謎の赤報隊に迫る」
   

 18:30〜 一水会活動報告
 19:00〜 講演開始
 講演終了後 質疑応答

会場: ホテル サンルート高田馬場 三階会議室
     
(高田馬場駅早稲田口下車) 徒歩1分


完 全 予 約 制 一般 2,000円  学生 1,000円

 

参加お申し込みは、こちら から

電話 03-3364-2015  FAX 03-3365-7130

メール info@issuikai.jp でも受け付けております

定員になり次第締め切りとなります。お早目のご予約を!

 

 


JR山手線・西武新宿線
高田馬場駅 徒歩1分

入り口自動ドアを入り右側奥のエレベーターで三階にお越しください


《講師プロフィール》

樋田毅
ひだ・つよし

昭和27年愛知県生まれ。早稲田大学第一文学部社会学科卒業後、昭和53年に朝日新聞社入社。高知支局、阪神支局を経て大阪社会部へ。大阪府警担当、朝日新聞襲撃事件取材班を経て、京都支局次長、地域報道部・社会部次長などを歴任。その後、和歌山総局長、朝日カルチャーセンター大阪本部長等を務めたのち、平成24年から29年まで大阪秘書役、同年12月退社。本年1月放送の「NHKスペシャル・未解決事件」で樋田毅役を元SMAPの草g剛さんが演じ、話題に。2月、「記者襲撃 赤報隊事件30年の真実」(岩波書店)を出版。

 

第193回 一水会フォーラム

平成30年7月11日(水)18:00受付開始

演題:昨今の騒動の真相に迫る
   ─間違った忠誠心が官僚を堕落させてしまう─

講師:前川喜平 先生(文部科学省前事務次官)



過去に行なわれた一水会フォーラムの テーマ一覧 をご覧いただけます